FC2ブログ

チェルシー対ストークシティー

更新のペースが遅れて申し訳ありません。ようやく落ち着いてきたので、ペースはあがると思います。見に来て下さった方々ごめんなさい。今後も頑張って更新していきますんで、よろしくお願いします。

チェルシーのスタメンはチェフ、ボシングワ、アレックス、カルバーリョ、アシュリー、ミケル、バラック、ランパード、カルー、マルダ、アネルカ。久々のマルダの登場。テリーは試合前に負傷で、代わりにアレックス。

ストークシティーのスタメンはソーレンセン、ウィルキンソン、ショークロス、アブドライ・ファエ、イギンオザム、デラップ、ウィーラン、アムディー・ファエ、エザリントン、クレスウェル、ビーティー。何と言ってもデラップのロングスロー。ビーティーはいつのまにかストークシティーにいました。


★ピッチは広く使いましょう

試合早々、デラップのロングスローとコーナーからあわやのシーンを作られるチェルシー。完全にセットプレーがトラウマになっている感じ。今回はマンマークとゾーンの併用を試すぞと。

まずは守備から入ろうとするストーク。しかし、中盤4人がフィルターになっていないので、簡単にチェルシーに前を向かれる。よって最終ラインもずるずる下がる悪循環。その結果、相手にポゼッションを許し、ミドルを打たれ放題。そんな状況でも、今のチェルシーには決定力がないわけで、点が入らないまま試合は進む。アネルカ・カルー・マルダでは、そう期待できませんと。

ストークがほとんどプレスに来ないので、楽にボールを持てるチェルシー。いつもならランパードが下がって、ゲームを組み立てるがこの試合はバラックに任せようということで、前目に位置するランパードでした。

サイドに注目してみると、この試合はアシュリーのフリーランの良さが目立っていた。どちらかと言うとボシングワは足元でボールを受けて、ドリブル突破型。アシュリーは豊富な運動量を武器にスペースに飛び出していく。左サイドはマルダとアシュリーで固定してもらいたい管理人でした。

と言っても、マルダはボールを受けるのはうまいが、パスセンスは・・・。アシュリーが無駄走りになることも多々あるわけで。ここのコンビネーションの成熟はポイントな気がするなと。

逆サイドはおそらく当分の間、カルーとボシングワになるわけだが、カルーがサイドに張っている状況では、ボシングワの良さが活きないわけで。玉突き事故の発生。最近の試合では、戦術理解度があがってきたのか、神出鬼没の動きで中央でもボールを受ける動きが増えてきたなと。そんなカルーさんも前半は2回決定的なチャンスを外していましたとさ。

いつものチェルシーって感じで、パスは回るが最後がね・・・。カルーのドリブルはいいアクセントになっていた。

60分。CBからビーティーにロングパス。それをデラップに落としてゴール。まずビーティーに簡単にポストプレーをさせたカルバーリョ。もっと激しく潰しにいっても良かったような。裏を取られたアシュリーもそうだけど、カバーにいったアレックスの中途半端な守備はまずすぎるぞ。

その直後に、マルダ→ディサント。よってサイドからのセンタリングが増え始める。劣勢になっても前半のサッカーをして欲しいけどね。放り込みも一つの手ではあるけれど、それに頼りすぎるのはどうかなと。

時間が経つにつれアレックスやカルバーリョもどんどん上がっていく。真ん中大渋滞で、ミドル打ってもそりゃDFに当たるって。一つ気になるのは最近セットプレーから得点できていないこと。得点されてばっかなわけで。昔はセットプレーも武器の一つだっただけに気になる。

70分過ぎにボシングワ→ベレッチ。いつもの謎の采配。ベレッチに代える意図って何でしょう。ミドルが上手いことくらいしか思いつかないけど。ボシングワは疲れている感じは全くしないから、スタミナ面での交代ではない感じ。

82分にミケル→ストフ。2-4-4みたいなフォーメーション。せっかくのアネルカとディサントの2TOPもコンビネーションがないから無駄なわけで。二人いる意味がないよね。

88分。ついに動く。アネルカがサイドのカルーにパス。そのセンタリングをディサントが落としてベレッチがヘディングでゲット。ピッチは広く使わないとね。ディサントの良さがはじめて活きましたと。

その後も攻めるチェルシー。ストフからのセンタリングのクリアをアネルカがシュート。そのこぼれ球をランパードが左足一閃。94分の出来事。2-1でこのまま終了でした。

中々といってサイドにパスを出せるランパードのパスセンス。中央を固める相手にはこれしかないよね。無論、あの決定力には脱帽なわけで。ジョーが今シーズンアウトになった以上、カルーの負担は増えるはず。カルーのドリブルには期待したい。

ストークは引きこもるのが早すぎた。守り一辺倒にはならず、もう少し攻撃の組織構築をして欲しかった。得点シーン以外はシュートなかったはず。
スポンサーサイト



2009年01月21日 | Comments(3) | Trackback(0) | チェルシー

ユナイテッド対チェルシー

ユナイテッドのスタメンはファンデルサール、ネビル、ビヂッチ、エバンス、エブラ、ロナウド、ギグス、フレッチャー、パク、ベルバトフ、ルーニー。リオは怪我でお休み、代わりに若いエバンス。ギグスの中盤って前にも見た気が。

チェルシーのスタメンはチェフ、ボシングワ、テリー、カルバーリョ、アシュリー、ミケル、ランパード、デコ、バラック、ジョー、ドログバ。いよいよベストメンバーが揃ってきたチェルシー。ユナイテッド相手にどこまで自分達のサッカーができるか注目。

いきなりモウリーニョを写すカメラ。この人はいつ見ても絵になる。土曜日のインテルの試合を少し見たけど、あの積極的な采配は相変わらず健在でした。劣勢になった時の駒の使い方は鬼。CL決勝でインテルとやれたら、最高だな。


★弱気な両チーム

チェルシーは毎度の4-1-4-1。この試合に限って言うと、デコはほぼWGに近いポジション。ある程度サイドで仕事をする感じ。あまりに中に入ってこないデコ。真ん中はバラックとランパードで、フレッチャーとギグスをマーク。システム上、4-4-2は4-1-4-1に苦戦するのだが、どうなるだろうか。

守備は明確な決まり事があるチェルシー。ユナイテッドがハーフラインから入ってくると寄せに行くぞと。ある程度は引いて守るお約束。てなわけで、ユナイテッドのDF陣は楽にボールを回すことが可能。それにしても、昔の鬼プレスなんかはもう見なくなったねと。ドログバは気まぐれで守備をする感じ。で、奪ったらカウンター。そのカウンターもロングボールは使わず、細かくつないでいこうと。

そんなチェルシーの守備に活路を見出せないユナイテッド。それにしてもいつのまにフレッチャーはこんなにうまくなったのか。ロングボールの精度がかなり良くなっていてビックリ。パクへのロングボールは素晴らしかった。

あと、この試合ではユナイテッドお得意のポジションチェンジがほとんど見られない。例えば、ルーニーやベルバトフがサイドに流れたり、ロナウドが中に絞ってくるとかは良く見た光景なわけで。2TOPは中盤に降りてくるか、トップに張っている感じ。ユナイテッドからするとゾーンを越えた動きによって、ボールを奪われた時の、守備の役割(マーク)が不明確になるのを恐れてかなと。

試合が落ち着いてくると、徐々にあがりだすボシングワ。それまではチェルシーの右サイドはほとんど死んでいた。パクとエブラに完全に押されている感じ。どうしてもデコがいるせいか攻めは左サイド中心になる。が、しっかりと守備に戻ってくるロナウド。サイドの守備はサイドの選手で頑張りましょうと。

両チームともにバランスを優先した感じで、攻撃的にいかない前半。最後の最後でビディッチに決められ1-0。これまたコーナーからの失点。本当にどうしたものか。いくらなんぼでも多すぎる。きっかけとなったミケルのパスミスも見逃せないよなと。

やりたいサッカーをしていたのはチェルシーの方だろう。PA付近まではボールは運べるのだが、そこからが課題。ドリブラーがいないと今のチェルシーは厳しい。個人的には見ていておもしろいけどね。


★監督の差

後半。デコout、アネルカin。デコは悪くなかったと思うけど。変えるならバラックかなと。デコに関しては、ばててきたら交代でいいような。

リードしているユナイテッドは10人全員が自陣に戻って守備ブロックを形成。ましてやルーニーなんかは守備をさぼらないわけで。4-4で引いて守るのに慣れているユナイテッド。2ラインの間隔なんて絶妙。楽にボールを回せるけど、そこからチャンスを作れないチェルシー。

前半はデコが良かったが、後半はジョー。デコがいなくなって、自分の居場所を見つけたような感じ。ボールをもらう動きはさすがだ。ここにマルダなんかも、いたらおもしろいんだけどね。何気にマルダの復帰を切望しています。

後半63分。左サイドを突破して、エブラのクロスをルーニー。2-0。ジョーとボシングワが連携して、守らないと。2対1を簡単に作られすぎかな。

その直後に、ボシングワout、ベレッチin。この交代の意図は?カルー入れて欲しかったなと。どうしても焦ると中にいこうとする悪い癖。もう少しピッチを広く使わないと、守る方も楽なわけで。ポゼッションするのならば、もう少しパス精度あげないと厳しいかなと。パスが合っていない場面がありすぎるような。この辺りはリバプールはずば抜けてうまい。

後半84分。ジョーout、ディ・サントin。若手に経験をつませるためだろう。しかし、まだユナイテッド相手に通用する選手ではないわけで。ジョーは相当運動量あって、走り回ってた。チェルシーでは一番良かったかなと。

その1分後に、フリーキックからベルバトフがボレーで決めて3-0。なぜベルバトフのマークがディ・サントなんですかと。こういう失点はファンとして一番悲しい。やれる事をして負けるならともかく、もう少し考えましょうよ。

チェルシーからすると先制点のタイミングが悪すぎた。前半0-0で終えてればまた違った結果になったであろうし。ユナイテッドは楽に試合を運べたような。このチームの力はまだまだこんなものではない気がする。それにしても強い。

チェルシーはポゼッションするのは悪くはないが、もう少し仕方を変えた方がいいような。いつも同じリズム。ロングボールを少しは絡めるのも有りかなと。チェルシーが今後どういう方向に向かっていくか見物である。

ということで、今年もよろしくお願い致します。
2009年01月13日 | Comments(4) | Trackback(0) | チェルシー

フラム対チェルシー

フラムのスタメンはシュウォーツァー、パントシル、ヒューズ、ハンゲラー、コンチェスキー、デンプシー、マーフィー、エトゥフ、デイヴィス、ザモラ、ジョンソン。ホームで強いフラム。4-4-2の守備構築は気になるところ。

チェルシーのスタメンはチェフ、ボシングワ、イバノビッチ、テリー、アシュリー、ミケル、デコ、ランパード、マルダ、ジョー、ドログバ。カルバーリョもいよいよ戻ってきて、ベンチでスタンバイ。アネルカは久々のベンチスタートとなりました。


★まずは守備ありき

フラムの素早いプレスで、なかなか落ち着いてボール回しができないチェルシー。特にチェルシーの両SBには前からガンガンプレスをかけるフラムの両SH。

なかなか落ち着けないチェルシーに対してフラムが先制点をあげる。フリーキックからデンプシーが決めて1-0。ミケルはどうしたんだろうか。足がもつれた感じ。おいしいフラムでした。

そんなフラムも前半早々に先制できたことによって、前からプレスいくのか、少し引いて守るかの選択が強いられるわけ。で、フラムが取った守り方は引いてスペースを消しましょうと。堅守を誇るフラム。チェルシー相手にでも80分間守れると思ったのだろうか。

チェルシーはやはりドログバ。くさびのパス→ポストプレー→反転してシュート。この一連の流れなんかを見ると、さすがの一言に尽きるわけで。それ以外にも裏に抜け出す動きも、パサーとのタイミングが合ってきたぞ。

前半30分くらいまでジョーはほとんど消えていた。なぜかこの試合はサイドに張り付くジョー。ボシングワとど被り。逆に、マルダは中に絞ったりして、ギャップでボールに絡んでいた。やはりこの人はポゼッション向きだなと。無論、アシュリーのオーバーラップも増えるわけで。

そんなマルダも怪我で途中交代。アネルカがin。サイドよりも真ん中が大好きなアネルカ。それに加えてジョーも中に絞ってボールを受け始め、中央を崩していく。点が入りそうで、入らない。

さらにハプニング。アレックスも負傷。早速、カルバーリョの出番。負けているのにカード2枚も使ってしまった前半。何気に痛いなと。

一方、フラムは先制点以外ほとんど決定的なシーンはなかった。攻撃は自重気味か。しかし、守備はしっかりとハードワークをこなし、ラインの上げ下げもしっかりしていた。なぜラインの上げ下げをする必要があるのかと言うと、4-4の2ラインの間のスペースを消して、コンパクトに保つため。サイドの守備も当たり前のようにSBとSHの二人で対応。ボランチのエトゥフは人に強く、マーフィーはカバーリングが素晴らしかった。基本的な事でも、集中して90分間するのは至難の業。失点数が少ないのも納得なわけで。

後半はどう動くか、フェリポン。しかし、カードが1枚しか使えないので、迷うよねと。ポゼッションは6対4でチェルシー。


★ポゼッションは?

後半5分、ジョーからのロングパスを胸トラップで前向くドログバ。フラムDFとキーパーが接触して、こぼれ球をランパード。1-1である。ラッキーなチェルシー。パスで崩したのではなく、昨シーズンまでのスタイルで同点にしたところがなんか複雑。それにしてもドログバの胸トラップは鬼である。

それから徐々にロングボールが増えるチェルシー。点が欲しい時こそ、足が止まっていてPA内でロングボールを待っている感じ。フリーランニングやパスをもらいに行く姿勢が欲しい。後半の戦い方はフェリポンの指示かな。明らかに前半と戦い方が違う。

アネルカがポストでボールが収まっていたのにはビックリ。多少うまくなったのかもね。けど、この試合ではエゴが目立っていたぞ。後半最初にボール奪って、シュートまでいったシーンなんかはドログバにパスでしょと。あれは勿体無かった。

72分にジョー→カルー。ジョーの交代は悲しい。決定的シーンを2,3つ外していたけど、出来は悪くなかった感じ。デコ→バラックでもおもしろかったかも。その後、ランパードがフリーキックを決めて2-1と。それにしてもボールの変化が凄かった。

後半45分。コーナーからまたもデンプシーに決められ2-2。フリーにしすぎでしょ。2,3人フリーになっていた。なんでマークしてなかったんだろう。ゾーンのわけがないしね。

正直勿体無い試合をしてしまったチェルシー。フェリポンの手腕云々よりも、選手の方に問題あるよね、この失点は。ドログバはセットプレーでマークをフリーにしすぎ。相変わらず直ってなくてショックでした。今シーズンはセットプレーの失点が本当に目立つ。2点とも崩されていないだけに、ダメージは大きいかも。

フラムは最初と最後以外はほとんど見せ場はなかったけど、引き分けで終えれたのだから御の字でしょう。
2008年12月29日 | Comments(4) | Trackback(0) | チェルシー

チェルシー対WBA

チェルシーのスタメンはチェフ、ボシングワ、イバノビッチ、アレックス、アシュリー、ミケル、バラック、ランパード、ジョー、アネルカ、ドログバ。いよいよドログバ先発出場ですか。代わりにデコがお休み。テリーはレッドの影響で3試合出れませんとさ。

WBAのスタメンはカーソン、ザルフェルロール、メイテ、オルソン、ロビンソン、コレン、グリーニング、キム・ドゥヒョン、モリソン、ブラント、ビーティー。こちらは現在最下位と苦しんでる模様。早くも両チーム2回目の対戦。


★必然的帰結

いきなり試合が動く。開始3分、クリアボールを拾ったボシングワからジョー。センタリングをドログバが頭で合わせて、あっさり先制点。DFはしっかりついていてもゴールを決めちゃうドログバ。早速仕事しちゃいましたと。

チェルシーのフォーメーションはおそらく4-1-4-1。ジョー、アネルカ、ドログバのポジションは流動的。しかもこの試合では3人がよく中盤まで降りてきて、ボールにからんでいた。相変わらず中央に人が多すぎるぞと。

そんなチェルシーは楽にボールを回していく。WBAのフォーメーションは4-4-1-1。1TOPがビーティーで、その下にキム・ドゥヒョン。お世辞にも守備がいいとは言えない。マークとゾーンの受け渡しが曖昧で、簡単にオープンスペースができる。それに加えて、2ラインの間が空きすぎているので、チェルシーに使われ放題。このレベルの守備ではきびしい。

思い切ってラインを上げないと。今のチェルシーには裏のスペースよりも2ラインの間をケアする方が重要。4-4で守るのって、それほど簡単ではない。ユナイテッドなんかは前線から鬼プレスをするから成立するわけで。

それに加えてサイドの守備もお粗末。チェルシーのSBに裏を取られすぎだぞ。SHもしっかり守備に戻ってはいるが、人に付いていけないので、簡単に2対1を作られる。SBとSHの守備の連携なんて無い感じ。よって、久々に活き活きしているボシングワ。アシュリーの決定的シーンも前半はあった。

WBAの攻撃はと言うと、ボシングワの裏のスペース。ここを1TOPのビーティーが狙っていた。しかし、WBAは高い位置でボールを奪えない。よってだんだんラインは下がり、ボールを奪えても低い位置のため、そこからロングボールを蹴ってもDFにクリアされる。もう少し中盤からパスを繋げられたらいいんだけどね。ビーティーが可哀想。

ドログバとアネルカが毎度のことながら、守備をしない。よってどうしてもサイドのケアが遅れるチェルシー。サイドでは余裕持ってボールを持てるWBA。そこからが問題なわけで。中にはビーティー一人なのにクロスあげても、厳しいよと。ボランチ二人が攻めではほとんど消えていた印象。

1-0で前半終わるかなと思いきや、アシュリーがSBの裏を取って、ランパードがゴール。ランパードは久々な気がする。カーソンも怒っていたけど、簡単に裏を取られすぎ。

前半のチェルシーもそこまで褒められた出来ではない。それ以上に、WBAの守備が酷過ぎた。


★後半は遊びましょう

後半、ボシングワ→ベレッチ。日曜のフラム戦の備えてお休み。

で、明らかに守備をさぼり始めるチェルシー。中一日で試合だから仕方ないよと。けどこのチームは引きこもったら強いわけで。守備の人数が足りない場面もあるけれど、点を入れられそうな気配はない。この試合もそうなんだけど、バラックって守備好きなのかな。守備はさぼらないバラックでした。バラックのアンカーなんておもしろいかも。って、足元があれだからきついか。バラックのアンカーなんてのも試す価値ありかもね。

で、WBAの守備はもちろん改善されているわけでもなく、後半もシュートまで簡単に持っていけるチェルシー。ドログバの一人舞台ですよと。ポストプレーにシュートにいい時のドログバが戻ってきたかな。そして、ランパードもベレッチもチップキックの練習。打つならしっかり決めてね。

65分にドログバ→マルダ。こちらもお休みといったところか。この試合でもかなり目立ってたぞ。

その後、チャンスはあるものの最後が決めきれず、このまま終了。

崩す形はそれなりにできていたので、良しとしましょう。とりあえずは。次は、ホームではリーグ2位の成績を誇っているフラムと。とにかくこのチームは守備が堅い。アウェイに強いチェルシーなんで、いい試合になりそうである。

WBAはやばいね。攻めの形は見えてこないし、ボランチは何をしているのかよく分からなかった。SHとキム・ドゥヒョンはよくボールにからんでいたけど、そこからの展開が欲しいぞ。守備に関しては早急にサイドの守りは練習した方がいい。
2008年12月28日 | Comments(2) | Trackback(0) | チェルシー

チェルシーの前半戦総括

前半戦のチェルシーの総括と今後の展望等を書いてみたいと思います。素人なもんで、間違っているところも多々あると思いますが、多目に見てやって下さい。

★前半戦の総括

まずこれまでの成績は18試合を終えて11勝5分2敗(ホーム:3勝4分2敗、アウェイ:8勝1分)の2位である。数字が示す通り明らかにホームで苦戦している。ちなみに総得点数と失点数はリーグトップの成績。

おそらくテン・カテの影響だと思うが、昨シーズンの後半から少しずつポゼッションを目指してきたわけだが、今シーズンはフェリポンの監督就任とデコの加入によって堅守速攻からポゼッションサッカーに大変身。開幕当初こそは好スタートをきり、ゴールラッシュだったがここにきて失速。バラックの復帰が大きな転換期であった。

バラックの復帰前までは完全な4-1-4-1。トップはアネルカでサイドはジョーとマルダに時々カルー。中盤はミケル、デコ、ランパードの不動の3人。ポゼッションをするにはSBが高い位置をキープすることがすごく重要で、サイドをSHとSBで幾度となく崩していた。中盤の3人の流動性も良く、バランスが良かった。で、この頃はよくマルダが非難の的になっていたが、個人的には昨シーズンに比べれば、相当うまくなっている感じ。シュート精度こそは難があるものの、フリーランやゾーンの間でボールを受けるのはうまいと思っている。デコのおかげか、すんなりポゼッションに適応したランパードも凄かったが、それよりもボシングワがかなり目立った前半戦。

で、バラックの復帰後は4-1-3-2に移行。3はほぼフラットな感じ。要は、中盤4人は外さないぞと。よってマルダ時々カルーは外されるとさ。残念なマルダでした。2TOPはアネルカとジョー。ジョーはST的な役割。ドログバが復帰後もトップはアネルカでした。ここでサイド攻撃とバラックの問題が生じるわけ。ちなみに守備に関してはジョーが右サイドに戻って4-1-4-1を形成。守備の仕方はほとんど同じである。

まずサイドから。システム上、サイドで数的不利になることが多いチェルシー。だってサイドはSB一人で何とかしろって無理な話で。中盤が左サイドに偏っているせいで、左サイドは何とかなるが、右サイドは厳しい。ボシングワがキレキレであったため、一人でも何とかできると思ったのか、フェリポン。これが意図的だったらすごいけどね。バラックに関してはもうこれまでに何回も言ってきたので省略。

結果的にバラックの復帰が仇になってしまった。そんなバラックも守備に関してはデコよりも上。守備の時はそれなりに走ってスペースを埋めてくれるが、攻撃になると何故か足元でボールを受けたがる。ポゼッションにはスペース作るためにフリーランは必要不可欠なわけで。


★後半戦の展望

まずシステムだが1TOPと2TOPの選択が悩ましいところ。

1TOPから言うと、もちろん今まで通りの4-1-4-1が理想。次に選手の選考だが、GKはチェフで問題なし。クディチーニが控えってのは相当贅沢。DFはカルバーリョがもう少しで戻ってくるため、ボシングワ、カルバーリョ、テリー、アシュリーで決定。控えはアレックス、イバノビッチ、フェレイラ、ベレッチ、ブリッジと問題ない。次に3センター。アンカーはミケルで決定。エッシェンが復帰しても、ここはミケルで良さそうである。残り二つはランパードとデコで十分。3センターの控えはバラック、エッシェン、ベレッチ、ミネイロ。

SHはジョーとマルダかな。控えはカルー、ベレッチあたりか。1TOPはドログバでお願いします。控えはアネルカ。1TOPでいくなら、SHの補強は急務である。ドリブルできて一人で状況を打破する選手が欲しい。なかなかそんな選手はいないけどね。ヴィラの選手が狙い目か。

で、中盤は完全に飽和状態。バラックとエッシェンを控えにする勇気がフェリポンにはあるだろうか。

次に2TOPの場合。フォーメーションは4-4-2の菱形が理想かなと。これならサイドの問題と中盤の人材の飽和も解消されるだろう。守備の場合はフラットで守れば十分可能。しかし4-4で守るならば、FWの守備が重要になってくるわけで。昨年のユナイテッドのようにルーニーとテベスくらい走れれば問題ないわけだが。チェルシーのFWは守備に関しては期待できないから、バランスは悪くなるかも。

選手選考だが、GKとDFは1TOPの時と同じで問題ない。問題は中盤4人。アンカーはミケルで、インサイドハーフはランパードとエッシェン、トップ下はデコが理想。エッシェンが戻ってくるまでは、インサイドハーフはランパードとバラックにして、トップ下はデコかジョー。2TOPはドログバを軸にして、その相方が悩ましいところ。アネルカとジョーとカルーで迷うが、前半戦の出来を考えればアネルカだろうか。このフォメだとジョーが活きないのが残念。ジョーはやはりサイドで使って欲しいんだよね。STはあまり向いていない気がする。

4-1-4-1はポゼッションするなら最適なフォメではあるが、どうしても得点力に関しては落ちる。ぜひ4-4-2の菱形が見てみたい。後半はドログバとアネルカの2TOPなんてどうかな。
2008年12月25日 | Comments(2) | Trackback(0) | チェルシー
 | HOME | OLD »»

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ